November 26, 2010

人から学ぶ

就職難とは聞くけれども、ここまで酷いとは思ってもみなかった。事務員を募集すれば、毎回60人くらい応募があるし、看護師ですら10人以上。しかも、面接をすると、仕事を辞めて、わざわざ看護師に転職している人たちが目立つ。採用する側にとってはありがたい状況だが、娘の就職を考えると頭が痛い。


うちの新しい事務員は、新婚さんで、このところ忙しいので残業が続いているので大変じゃないかと尋ねたら、前職では10時までの残業は当たり前だったし、ボーナスの支給も無くなり、逆に、良い仕事が見つかったと思ってウキウキしているのがわかる。なんか、羨ましい・・・


わたしは仕事嫌いで、嫌々働き始めたが、教会に通っていると、仕事を持っている気楽さを感じることもある。このところ風邪気味で体調が悪いが、この程度で仕事は休めないが、教会はお休みできる。


もしも本当に、こころの平安を求めるのであれば、たしかに人の多い日曜日の教会へ行くよりも、静かな日を選んで教会へ行くほうが、人が少なくてのんびりしていてよいかもしれない。知り合いが増えるにつれ、何となくいつも誰かと一生懸命おしゃべりしている気がするし、だからわたしの代母は、いつも少し遅れて教会へ来るのではないかと、近頃疑っている。


わたしの新しい代母は、もともと修道院にいて、最終誓願の前に、この世に戻って来たらしい。わたしの先輩なので、どうして修道院に入らなかったのか不思議だったので尋ねたら(あのようなタイプはほぼ間違いなくシスターになるから!)、そのように言っていた。ご本人は、どうして戻って来ることになったのかいまだにわからないそう。ただ、後ろにくっついていると、自然と教会の仕事を覚えるので勉強にはなる。


むしろ、わたしとは正反対で、一緒にいると、自分が放蕩娘のように感じてしまう。教会に通い始めて感じるのは、わたしはずっと前からクリスチャンだったが、つまり神さまを愛していたような気がするが、自分でそれを認めたくなかったのは、単なる不勉強によるものではないか、ということ。それと、復活という認識が欠落していたからだと思う。なんせ、いつもイエスさまは十字架の上にいらっしゃるわけで・・・


真理というのもよく聞く言葉だが、その意味を知ったのは最近のこと。旧約の部分が欠落していたために、本当の神さまの姿=真理と言われても、ピンと来なかった。


ということなどを、勉強会へ出て学んでいるわけだが、勉強会のメンバーは好きだ。教会の人たちは好きでも嫌いでもないと言いつつも、自然と好きな人と嫌いな人にわかれて行くような気がしてしまう。


分類すると、イエスさまが好きな人たちのことは好きだけど、教会が好きな人たちは好きにはなりにくい。イエスさまが好きで、教会が好きな人というのが理想なんでしょうけど、聖歌隊の席は御ミサの途中に、お知らせに関するメモが回ってきて打ち合わせしているような席で、わたし的には好きにはなれない。


バザーの手伝いも大事かもしれないが、手伝いの人たちは御ミサには出ないで準備している。迷ったが、わたしは御ミサに出た。特に非難されたりはしなかったが、なぜかわたしの前に代母が座っていた・・・(さすが)


人付き合いを優先させようとすれば、仕事を抜けて、平日に手伝いに行くしかない。まあ、手伝いなどに行かないほうが普通だと、代母が言ってくれたので、かなり楽になったが、行くのが嫌なのではなく、単に忙しいからつらい、というか。


そこで代母から学んだのは、行事が多くて疲れそうなときには国際ミサに出て、そのまま帰る。日本語ミサはその後なので、その後の行事や仕事に参加できないときなどは国際ミサに出て消えるほうが自然だ。それから、御ミサには始まる直前に行くようにする。そのほうが落ち着くのならそうするべき。落ち着かないというのではないが、早く行くと大抵はいつ御ミサが始まるのか気づかないくらいわさわさしてしまうし、御ミサに集中できなくなる気がする。


人から学ぶって面白い。ずっと長い間忘れていたような感覚だ。


(汽灰螢鵐函4. 1-5)

投稿者 Blue Wind : November 26, 2010 07:30 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?